窓へのコーティング

ドライバー

コーティングとは何か

日本では色々な和製ワードが多々あります。それは本来の現地の言葉の意味とは一線画した言葉であったりします。そして今回の記事の題材の1つである「コーティング」とは、日本語の場合はどういう意味を持つのかというと、物体の表面などに定着が可能な物体や物質などで覆う事を意味します。ですが、これを英語にしてcoatingの場合だと「塗る」とか「塗りつける」とかの意味合いが強まります。つまり加工をするというよりは動作の意味合いが強かったりする感じです。そして更に今回のもう1つの題材の「窓ガラス」は説明不要と言える普通の日本語ですので説明は省きますが、この窓ガラスに対してコーティングするというのも、現代の日本のリフォームなどでは行われている事柄でもあります。

窓ガラスへの加工処置

窓ガラスへのコーティングとはどの様な状態を指すのかと言うと、これは日本語の場合は加工を意味する様に改造的な意味合いが強まります。それは例えれば車の窓ガラスの場合だと、この窓ガラスに遮光フィルムのシールを貼ったりするのも、これも一種のコーティングであると言えます。他にはお風呂場などの場合も同じで、窓ガラスへのコーティングと言えば何かしらのフィルムを貼ったり、または何かしらの透明素材などをフィルム代わりに貼り付ける事で、かつ溶接処置を行って窓ガラスの補強などを行う事が日本で言う所のコーティングとして扱われる形と言えます。英語圏などではチョコレートケーキを作る過程の塗りつけをコーティングと言うのに対して日本語だと成果物に対して後で手を加える、という意味合いの違いと言えば分かり易いかもしれません。