掛かる費用

修理する

手すりの取り付け費用の相場

高齢者の家に転倒防止のための手すりやスロープを取り付ける事は安全対策の効果が高く、取り付ける方が増えています。お住まいの場所で工事費用は上下しますが、一番転倒の危険があるお風呂場の取り付け費用は2万円程度が相場で、長さや握りやすい加工がされている手すりなどがあり、オーダーなどになると値段は高くなります。次に転倒の危険が多いトイレの手すりはI型であれば1万円程度から2万円くらいが平均的でL型の手すりになると1万5千円から2万程度の値段で設置でき、玄関ポーチや外の玄関に入る前に階段などがある場所への設置の場合は、支柱アンカー止めの場合は8万円から10万、埋め込みの場合は7万円から10万程度の費用が相場になります。

介護保険で費用が節約できる場合も

手すりの取り付けを考えている場合は、高齢者の方は要介護、要支援の認定を受けている高齢者であれば高齢者住宅改修費用助成制度を利用する事ができます。この制度は20万円を上限に、要介護や要支援の認定を受けている方のお宅の転倒防止などの安全対策を目的とした手すりやスロープを設置する介護リフォームを助成する制度で、工事費の9割を支給してくれるため介護リフォームを検討していて要介護認定などを受けている高齢者の方や同居する家族の方は業者に頼む前に、担当のケアマネージャーに連絡すると必要な書類を用意してくれたり、アドバイスを受けられます。介護リフォームは事前申請が必要なため、ケアマネージャーに相談しお住まいの市に申請するとスムーズです。